子どもたちが集まるクリスマスの料理

クリスマスは子どもたちや従兄弟の子どもたちが集まるので、どうしても子ども向けの料理になります。
まずサラダはツリーの形にします。大量のポテトサラダを作って、お皿にこんもりと盛ります。
それにゆでたブロッコリーを刺していくのです。安定しない時は爪楊枝で刺します。
そうすると、緑の木ができるので、枝にチーズや人参や卵焼きを星形で抜いて乗せます。
あんまり大きくない星形がいいです。そして一番上に少し厚く焼いた卵焼きを大きな星形で抜いて飾ります。
これでツリーの形のサラダの出来上がりです。
肉料理は鶏肉に下味をつけて、唐揚げにしてしまいます。もも肉と胸肉を使います。
本当はローストチキンにしたいのですが、小さい子もいるので、鳥を丸ごとはちょっと見た目が、ねぇ…。でも唐揚げも子どもたちに人気ですよ。
それからシチューも添えます。私はいつもクリームシチューにしてしまいます。ホワイトクリスマスみたいでいいかなーと思うのです。
でも中に入れる人参は星形に抜きますよ。クリスマスらしくしたいので。
最後にケーキです。ケーキはいつも私はスポンジケーキを焼いておくだけです。
後は子どもたちにやってもらいます。生クリームを泡立てて、フルーツで飾りつけをするのですが、けっこうワイワイ言いながら楽しくやってます。
見た目がアレになる年もありますが、それも含めて多分楽しいクリスマスだと思います。
今年もこんな感じのクリスマスになるかなと思います。

ラグジュアリーホテルでディナー

毎年あれこれ料理を作り、部屋もクリスマス仕様に飾り付け、家族と過ごしており、これはこれで楽しいのですが子供達も小学生になり、
公共の場でも静かに過ごせるようになったので、豪華なホテルでクリスマスディナーを楽しんでみたいです。

館内の、シックでオシャレなクリスマスの装飾を見ただけで気分が上がるでしょう。
自分では作れないような華やかで美味しい料理が一品ずつ供され、曇り一つない美しいグラスにそそがれたシャンパンとともにいただく…

自分がキッチンに立ってバタバタすることもありません。座ってるだけで料理が出てくる…すべての主婦の憧れではないでしょうか。

そして何よりのクリスマスプレゼントです。
そしてできればそのまま泊まりたい。ほろ酔い気分プラス満腹状態で電車に乗って帰るのはしんどいし、一気に現実に引き戻されてしまいます。

もう少し夢を見させていただきたい。
夜景のきれいな部屋の、ふかふかのベッドにダイブしてそのまま爆睡したい。夜景を楽しむ間もありませんが。あとは夫と子供達で勝手に過ごしてもらいます。
翌朝、早起きしてお風呂に入り、外の景色を眺めながら(外が見える浴室です。当然ジャグジー風呂で(笑)ボーッと過ごします。
おそらく今、私の顔はうっとり夢見る乙女の顔になっているでしょう。実際問題、おいくらくらいになるのか怖いので、調べるのはやめておきます。

クリスマスで思い浮かぶ曲

私が『クリスマス』と聞いて思い浮かぶ曲は、竹内まりやさんの、すてきなホリデイ です。
クリスマスシーズンになるとCMでこの曲をよく耳にしますよね。
CMですからワンコーラスほどなのに、ものすごく耳に残り、
あぁ、もうすぐクリスマスだ!ケーキや食事はどうしよう?
プレゼントも用意しなくちゃ!今年はどんなプレゼントが貰えるかな?
こんな風にクリスマスの嬉しさや楽しさが頭の中でワクワクとなって広がります。

これは、恋人や家族、大切な人が近くにいて、
みんなと過ごす、待ち遠しいクリスマスという曲なのですが、
独り身の時にも、逆に自虐の替え歌を作って別の楽しみ方をしていました(笑)

クリスマスが今年もやってくる
楽しかった出来事を 消し去るように
さあ パジャマに着替えて 引きこもろう
少しずつ白くなる 親の髪を見ないフリして

こんな風にして替え歌を作って、実家で歌っていると聞いた母親も、
逆に笑っていました(笑)

クリスマスは恋人と過ごすだけじゃないですからね!!
家族と過ごすのが一番大切なんだ!自虐的ではありますが私たち親子の
笑いを誘ってくれたので、そういう意味でもとても良い曲だと思います(笑)

歌いながら、来年のクリスマスこそは恋人と過ごすからな~!と
内心は穏やかではなかったのは秘密です(笑)

もらって迷惑だったクリスマスプレゼント

20代後半の頃に、付き合ってはいなくて、しかしアプローチを受けていた男性に、男性の手作りCDをもらいました。
趣味でDJをしていた人なので、好きな曲をクラブ風にアレンジした曲を入れたものだったらしいのですが、一度も聞くことなく放置してあるので、本当は何が入っていたのかはわかりません。
ただ、手書きの曲名リストもついていたので本当にただのアレンジしたCDなのだと思います。
わたしの趣味がマラソンで、走る時にはいつもDJ KAORIなどのクラブミュージックを聞きながら走っていると言ったことを覚えていたらしく、自作のCDをプレゼントされました。
付き合ってもいなかったので、高価なものはあげる意味がないと思われていたのかもしれません。
クリスマス当日ではなく、包装もされておらず、クリスマスプレゼントと渡されたので断る方法も思いつかず受け取ってしまいました。
しかし、本人が歌っていたりしたら怖いなと思ったし、そもそも下手なDJのCDはいらないし、パソコンのことはよくわからないのでウイルスとかだったら恐ろしいと思ったので一度も聞いていません。
CDは何ゴミに出せばよいのかわからず、場所もとらないので、他のCD類と一緒に今でも実家に放置されています。